2015/12/25

猫騙し+秘密の力ガルーラ

S12で使用した猫騙しと秘密の力を両採用したガルーラのお話。

最初は陽気AS 猫騙し/捨て身タックル/不意打ち@1(炎のパンチor噛み砕く、ゲンガーと鋼に通ることが条件)でしたが、これではガブリアスと偶発対面してしまった際にこちらが不利なので引かなければならず、裏に負担が掛かってしまう点がどうも使いづらく感じました。そこで捨て身タックルを秘密の力に変更することで
・秘密の力+不意打ちによる対ガブリアス性能
・猫騙し+不意打ちによる縛り性能
・@1の打点
の3つを確保することが出来ました。
弊害として捨て身タックルによる瞬間火力を失いましたが、対応範囲が広い上にゴツゴツメットによる単一的なメタを掻い潜ることが出来る秘密の力を採用するメリットの方が大きかったので、結果的にいい変更だと感じました。

つまり何が言いたいのかというと、猫騙し+秘密の力で何かを落とすために猫騙しを採用しているわけではないですよってこと。なぜこのような述べたかというと、よくTwitterで「火力が足りない」とか「猫騙し+秘密の力で~を落とせない」というのを見かけるからです。こういうことを仰っている方の傾向としては猫騙し+捨て身タックルガルーラしか使ったことがない、もしくはそれと同じ感覚で使っている方が多いような気がします。まずは秘密の力を採用したガルーラを使ってみると、この意味が理解できるかと思います。
スポンサーサイト

Comments

Leave a comment

管理者にだけ表示を許可する