2015/05/30

ガルガル対面

ふと思ったこと。
i_garuura.gif
初手のガルーラミラーのお話。(どちらもガルーラ+物理受けを想定)

陽気VS陽気
陽気であれば猫騙しor物理受け引きでしょう。
仮に突っ張って猫騙しを受けた(同速負けした)としても次のターンに物理受けに引けば問題ないです。

陽気VS意地
陽気側は猫騙しを選択した際は問題ないですが、物理受けに引いた際に相手のガルーラにグロウパンチを選択された場合HPを残したまま突破されてしまいます。
よくこの状況をヤンキープレイと称する方がいますが、ガルーラがガルーラを一撃で落とせる技はけたぐり(ギガインパクトは209ガルーラに31%の乱数)しかないわけで、それをどちらも考慮しない場合、1ターン目の陽気側の行動は猫騙しor物理受け引きとなります。なので意地側は1ターン目に関していえば割と何をしてもいいターンになります。
当然意地側も物理受けに引くという行動も可能ですのでなんとも言えないのは確かですが。

意地VS意地
完全に謎の対面(意地で猫持ってた場合は猫から入るのが安定でしょうか)。
前述したグロウパンチを両方が選択した場合は...



結論
ガルーラは見ただけでは型の判別が難しいのでミラー対面時から既に拓が発生してるとも言えます。
安全にガルーラを処理できるルートを物理受けのほかに確保する必要がありますね。
途中から何を言っているのか自分でもわからなくなりました...
スポンサーサイト

Comments

Leave a comment

管理者にだけ表示を許可する