2015/11/17

シーズン12使用構築

シーズン12は構築がかなり迷走したシーズンでしたが、最終的に使用した並びになります。
前期に使用した秘密の力+不意打ちガルーラの範囲の広さに魅力を感じ、今期も軸として使うことに。

i_garuura.gif
ガルーラ@ガルーラナイト
181(4)-192(236)-121(4)-*-122(12)-152(252)
猫騙し/秘密の力/噛み砕く/不意打ち
i_gaburiasu_s.gif
ガブリアス@気合いの襷
183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)
逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞
i_borutorosu_reijyuu.gif
ボルトロス@拘りスカーフ
182(220)-*-95(40)-202(148)-100-134(100)
10万ボルト/めざめるパワー氷/草結び/ボルトチェンジ
i_faiaroo.gif
ファイアロー@鋭い嘴
183(236)-140(212)-91-*-89-154(60)
鬼火/羽休め/剣の舞/ブレイブバード
i_gengaa.gif
ゲンガー@ゲンガナイト
157(172)-*-103(20)-198(60)-116(4)-200(252)
シャドーボール/滅びの歌/身代わり/道連れ
i_soonansu.gif
ソーナンス@ゴツゴツメット
273(60)-*-121(252)-*-78-78(196)
カウンター/ミラーコート/道連れ/アンコール



以下個別解説です。



ガルーラ

・A:183-116ガブリアスに秘密の力+不意打ちが175~
・B<D(ダウンロード対策)
・S:準速

非接触技である秘密の力をメインにおいたガルーラ。秘密の力+不意打ちで広い範囲と戦うことができる。
秘密の力ガルーラのSはミラーを考えてできる限り高くするべきと、るどるふさんに教えて頂いたので準速。そのため身代わりを入れる必要性が無くなったので不意打ちと合わせて低耐久ポケモンを縛れ、ストッパーの役割も期待できる猫騙しを持たせた。
最後の1枠は面倒なナットレイやハッサム入りにイージーウィンを狙える炎のパンチを採用していたが、ソーナンスと同時選出する展開が多く確実に選出されるゲンガーを一撃で倒せる噛み砕くに落ち着いた。
猫騙し+秘密の力は今までにない構成だったが、面白い性能を持っていたので使用者が増えてもいいのではないかと感じた。


ガブリアス

・AS振り切り

ボルトロスに弱くなく、削りに優れる地面枠として採用。柔軟に動くために持ち物は気合いの襷。
ストッパー性能と崩し性能を合わせ持っており、剣の舞で相手の物理受けを崩して裏を通して勝ちという試合も少なくなかった。
ゲンガーソーナンス@1の選出をする際は数的不利をとられないということが重要なので、事故死しづらいこのポケモンは非常に理にかなっていると感じた。


ボルトロス
スカーフ霊獣ボルトロス(シングル)-バンギの飼い猫レパルダス
配分はにゃおーしさんのブログからお借りしました。

・H:なるべく高く
・B:A200ストーンエッジを75%で耐える(命中・急所率込みで72.5%で耐える)
・C:183-115ガブリアスをめざめるパワー氷で乱数1発(75%)
・S:拘りスカーフ込みで最速130族+1

素早さを最低限に抑え、耐久に努力値を割いた霊獣ボルトロス。
今では霊獣ボルトロスの拘りスカーフは多少認知されつつあるが、通りのいい構築が多く使用感は非常に良かった。
草結びの枠はメガゲンガー+地面の並びに一貫のとれるサイコキネシスも候補だが、カバルドン+ゲッコウガの並びを強引に崩していきたかったので今回は草結びを採用した。
今回の構築は相手の化身ボルトロスに大きく不利をとるポケモンが組み込まれているため、電気の一貫を切りつつ相手の化身ボルトロスを上から叩けるこの枠は正解だった。


ファイアロー

・H:なるべく高く
・A:B121メガガルーラにA+2ブレイブバードが187~
・S:準速100族+2

メガ枠にガルーラゲンガーを採用すると重くなりがちなバシャーモに強めな駒として採用。
HDベースが主流なためAに振ったブレイブバードの通りはよく、ゲンガーがスカーフ持ちの地震で倒されてしまった場合でも剣の舞を積んで切り返すことができた。
ステルスロックを撒かれると立ち回りが窮屈になってしまうため、そういうポケモンが見えた際には極力選出を控えたい。


ゲンガー

・H:4n+1
・B:メガシンカ前A161ガルーラの肝っ玉捨て身タックルを確定耐え
   メガシンカ後A200ガブリアスの逆鱗を確定耐え
・S:最速

今期そこそこ数を増やした害悪系統の構築に対して確率勝負抜きで勝ちにいける滅びゲンガー。
受け回し構築に耐性を得るために守るではなく身代わり。
補助技を打たれやすいポケモンであるため身代わりが残りやすく、それにより1:2交換をとれる場面も多かった。
単純にゲンガーソーナンスの滅び展開も強力だった。


ソーナンス
ボルトゲンガナンス-パーティにはすべて綻びがある
配分はロールさんのブログからお借りしました。

B:A194メガガルーラの親子愛グロウパンチが12~15、9~11、+2親子愛捨て身タックルが217~256
  A172力持ちメガクチートの叩き落す確定耐え
S:実数値77+1(ほとんどのメガクチート抜き)

対メガガルーラ、ガブリアスである程度信頼できるポケモン。
メガガルーラへの削りを意識して持ち物はゴツゴツメット。
これにより氷期待の冷凍パンチ連打を許さず、処理速度を速めることができた。
Sに努力値を大きく割いたことによりメガクチートを後出しから処理可能になったり、カバルドンやナットレイといった低速ポケモンの処理ルートを確保できるようになった。
他にもゲンガーの滅び展開の補助や裏の積みアタッカーの起点作りなど、活躍する場面が多かった。



最終レート:2207
戦績:64勝17敗
最終順位:20位

一応メインROMも2200に到達したものの、集中力が続かず最終的には2100台前半に落ち込んでしまいました。これはプレイヤーの弱さが原因ですが、集中できていた時は高い勝率を残すことができたので構築自体は悪くなかったのかなと思います。これで3期連続最終2ページ目なので、次のシーズンこそは最終1ページ目をとれるように頑張ります。

2015/09/15

シーズン11使用構築

僕がシーズン11で最終的に使用した構築になります。
①欠伸+ステルスロック展開
②序盤の削り+終盤の詰め展開
による2パターンでの攻めが今回のパーティコンセプト。
後手に回らず此方から展開していくことを意識しました。

i_garuura.gif
ガルーラ@ナイト
197(132)-192(236)-121(4)-*-122(12)-136(124)
秘密の力/身代わり/グロウパンチ/不意打ち
i_kabarudon_osu.gif
カバルドン@ゴツゴツメット
212(228)-132-187(252)-*-92-71(28)
地震/怠ける/欠伸/ステルスロック
i_borutorosu.gif
ボルトロス@オボンの実
175(164)-*-92(16)-155(76)-100-179(252)
10万ボルト/めざめるパワー氷/悪巧み/電磁波
i_gengaa.gif
ゲンガー@ナイト
157(172)-*-103(20)-205(116)-116(4)-192(196)
祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/道連れ
20150902021343.png
ギルガルド@気合いの襷
135-71(4)-153-112(252)-170-112(252)
シャドーボール/めざめるパワー氷/聖なる剣/影打ち
i_roobushin.gif
ローブシン@突撃チョッキ
207(212)-195(140)-120(36)-*-100(116)-66(4)
ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/叩き落とす




以下個別解説です。


ガルーラ
・H:4n+1
・A:183-116ガブリアスに秘密の力+不意打ちで175~
・D:C110スイクンの熱湯を身代わりが最高乱数以外耐え
・S:最速70族+2

クレセリアやスイクンを誘って倒すガルーラ。
技構成は非接触でダメージを与えることのできる秘密の力+補助技を透かせる身代わり、単体性能を高めるグロウパンチと先制技の不意打ち。
想像通りの動きができ、とても環境に合っていた構成だと思います。


カバルドン
シーズン10使用PT[バトンニンフィア入り]-理由の為に生きればいい
配分はあんずさんのブログからお借りしました。
・HB:A194メガガルーラの親子愛捨て身タックル+親捨て身タックル耐え
・S:無振り50族+1

所謂ゴツゴツメット枠。基本的に相手の物理アタッカーの相手をしてもらいつつ、欠伸+ステルスロックで裏のポケモンの起点を作っていく。パーティー全体でクチートが重めなので配分はHB基調。今回は浮いているポケモンへの打点を持っていませんが、特に気になりませんでした。


ボルトロス
にゃおまん厨パ-バンギの飼い猫レパルダス
配分はにゃおーしさんのブログからお借りしました。
・H:16n-1
・C:悪巧み10万ボルトで227-150クレセリアが中乱数2発(58.2%)
・S:最速

ある程度耐久に努力値を割いた悪巧み化身ボルトロス。最速であるメリットはゲンガーを抜けること。Cにも多少努力値を割いているので、悪巧みした後はステルスロックや砂ダメージと合わせての抜き性能が随一でした。


ゲンガー
ランドスイクン-ちよこれいと
配分はしきさんのサブブログからお借りしました。
・B:A200ガブリアスの逆鱗確定耐え
・S:メガ前最速ガブリアス抜き

シーズン10でも使用したメガゲンガー。今は祟り目ゲンガーが最速であるメリットが薄いのでメガシンカ前最速ガブリアス抜きまでSを下げ、残りを耐久と火力に振り分けました。有利対面をとれば1:2交換をとれる性能を持っているため、影踏みという特性の強さを再確認できました。因みにこのパーティー唯一の命中不安技持ち。


ギルガルド
・CS振り切り

対応範囲が広く削りに優れている駒として採用。
気合いの襷を盾に無理矢理技を通していくことによって裏のポケモンで縛れるようになるので、使い心地は良かったです。


ローブシン
・H:16n−1
・A:最低限の火力を確保
・D:C222メガゲンガーのシャドーボール+D↓シャドーボール確定耐え

こちらも広い範囲で戦えるため採用。
冷凍パンチの枠は岩技との選択ですが。ボルトロス+ガブリアスの並びが多く、それらに対して強気に選出したいので今回は冷凍パンチを採用しました。


最終レート:2205
最終順位:19位

2205に到達した当初の順位は9位。
最終日は結局メインロムを動かすことなく終わってしまいました。
2シーズン連続最終2ページ目なので、シーズン12では最終1ページ目を目指して頑張りたいと思います!

2015/09/12

シーズン11 ちょっとだけ使用した構築

642.png445.pngm06.png681.png245.png534.png

メインROM:最高2156(途中から使用)
サブROM:2108(65勝24敗)

クチートにボコボコにされたので解散(予定)。
基本的に2090~2150をさまよってました。
運勝ち>運負けを目指して組んだ構築でしたが、あまり上手くいきませんでした(-.-)

2015/07/14

シーズン10使用構築

シーズン10の終盤で使用した構築になります。
欠伸からガルーラゲンガーを展開していくことを念頭においたパーティー。

i_garuura.gif
ガルーラ@ナイト
207(212)-194(252)-120-*-120-126(44)
捨て身タックル/地震/グロウパンチ/不意打ち
i_gengaa.gif
ゲンガー@ナイト
157(172)-*-103(20)-205(116)-116(4)-192(196)
祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/身代わり
i_borutorosu.gif
ボルトロス@気合いの襷
155(4)-*-90-177(252)-100-179(252)
10万ボルト/めざめるパワー氷/電磁波/ボルトチェンジ
i_kabarudon_osu.gif
カバルドン@ゴツゴツメット
215(252)-132-187(252)-*-92-68(4)
地震/岩雪崩/怠ける/欠伸
i_roobushin.gif
ローブシン@突撃チョッキ
207(212)-195(140)-120(36)-*-100(116)-66(4) ※恐らくSは57の方がいいです
ドレインパンチ/マッハパンチ/冷凍パンチ/叩き落とす
i_ninfia.gif
ニンフィア@食べ残し
193(180)-*-121(196)-144(108)-151(4)-83(20)
ハイパーボイス/欠伸/身代わり/バトンタッチ




以下個別解説です。

ガルーラ
・207ガルーラ
・A:グロウパンチ+捨て身タックルで227-189クレセリアに221~

耐久に厚く振り分けているため、グロウパンチが安定択になりやすいです。
それでも思考停止でグロウパンチを打つと負けに直結しやすいので、よく考えて打つ必要があると感じました。
今回は選出機会を増やすために、広い範囲と戦える地震を採用しています。


ゲンガー
ランドスイクン-ちよこれいと
配分はいつも読ませて頂いているしきさんのサブブログからお借りしました。
・B:A200ガブリアスの逆鱗確定耐え
・S:メガ前最速ガブリアス抜き

同速勝負を諦め耐久、火力に振り分けた配分です。
メガゲンガーの鬼火の警戒が甘くなっており、鬼火祟り目の通りが非常によかったです。
身代わりは道連れとの選択ですが、今回は裏との兼ね合いで身代わり採用です。


ボルトロス
・CS振り切り

ニンフィアやゲンガーの身代わり展開の補助として採用。
相手のボルトロスやガブリアスに強く出たかったためCS振り切り、ストッパー性能や行動保障といった面で持ち物は襷。
ボルトチェンジは当初挑発を採用していましたが、打ちたい相手が全くいなかったので先制で相手に負担をかけながらサイクルを回せるボルトチェンジに変更。
初手で相手のガルーラと対面した場合、ボルトチェンジで裏のカバルドンに繋ぐ動きが単純ですがかなり強かったです。
こちらのカバルドンを見てかガルーラ側に一度も猫騙しを打たれたことがありませんし、グロウパンチを選択されたとしても最悪1:1交換できたのでこの変更は正解でした。


カバルドン
・HB振り切り

物理受けの役割を担う為HB。
欠伸は起点になりにくく、ガルーラやゲンガーの起点づくりにも使えるため非常に重宝しました。
岩雪崩は、欠伸ループをHDラムファイアローで見てくる場合が多く見られたので、ファイアローへの打点として採用。


ローブシン
・H:16n−1
・A:最低限の火力を確保
・D:C222メガゲンガーのシャドーボール+D↓シャドーボール確定耐え

殴りあえる範囲が非常に広く、流行りの対面構築にも強め。
特筆すべき点は特になく、無難な強さを発揮してくれました。
今回はガブリアスを意識して冷凍パンチを採用しました。


ニンフィア
・H:食べ残し回復効率最大の16n+1
・B:A200ガブリアスの地震を食べ残し込み2耐え
・C:ハイパーボイスで183-105ガブリアスを乱数1発(87.5%)

竜の一貫を切るために採用。
何か面白い動きができないか考えた結果、環境上位のポケモンであるスイクンやクレセリアを起点に、身代わりを残したままエースを繰り出すことができる身代わりバトンタッチになりました。
これによりスイクンやクレセリア相手に身代わりを残したままガルーラに繋ぎ、グロウパンチ+捨て身タックルで突破しつつガルーラは生存という行動も可能になりました。
ボルトロスに強めなのも高評価。


最高最終レート:2165
最終順位:13位
シーズン10お疲れ様でした。

2015/03/17

ORASシーズン2 使用構築【最高2215】

僕がORASシーズン2にて使用した構築を紹介します。いい構築とは言えませんが、なにかの参考になれば幸いです。

ボーマンダ@ボーマンダナイト
陽気 H148 A4 B4 D116 S236
捨て身タックル 毒々 羽休め 身代わり

ウルガモス@ラム
控えめ H4 CS252 ※知らせ
大文字 虫のさざめき 蝶の舞 身代わり

マンムー@ゴツゴツメット
腕白 H252 A12 B244
地震 氷の礫 毒々 ステルスロック

ギルガルド@残飯
控えめ H204 B4 C76 D12 S212
シャドーボール 毒々 身代わり キングシールド

ボルトロス@オボン
図太い H236 B236 D36
ボルトチェンジ めざ氷 草結び 電磁波

ローブシン@突撃チョッキ
意地 H212 A156 B52 D84 S4
ドレインパンチ マッハパンチ 叩き落とす 岩石封じ


以下解説です。

ボーマンダ
理由の為に生きればいい
いつも読ませて頂いているあんずさんのブログから配分をお借りしました。
霊獣ランドロスやHB振りロトムを起点に身代わりを置いて展開していきます。とても数値の高いポケモンで、扱いやすかったです。自身が誘う物理受けに撒ける毒々も使い心地がよかったです。地震を切っているためヒードランが重くなりますが、毒々守るヒードランなら突破できる為そこまで気にならなかったです。


ウルガモス
この構築で1番よくわからない枠。最初はめざ氷個体を使っていましたが、ヤチェガブの急増により変更しました。めざ岩ギガドレ@襷も考えましたが、個体の準備が間に合わずにシーズンが終了しました。


マンムー
初めてマンムーというポケモンを使用しましたが、かなり強かったです。ゴツメ×2+礫でガブリアスを確定で倒せるようA12振り、残りをHBに振り分けました。ガルーラガブリアスの並びが多く、マンムーを疲労させすぎてガブリアスを処理できない状況が数回あったので立ち回りは慎重に行いましょう。


ギルガルド
無難な毒々守るギルガルド。ガブリアスマンムーウルガモスが環境に多く、選出率はあまり高くありませんでした。しかし、出した時はしっかりと仕事をこなしてくれました。


ボルトロス
HB基調のボルトロス。場持ちを良くするためのオボン。草結びは技範囲を広げてくれて、出てくるマンムーに打てるので使い心地はよかったです。ボルトチェンジと10万ボルトは選択です。今回採用したボルトチェンジはサイクルを回しやすいですが、ゲンガーに電磁波を入れた後に裏に引きづらい場面もあり、ファイアローもボルトチェンジに合わせて羽休めをされるとサイクルが不利になりやすく、一長一短といった感じでした。


ローブシン
ヒードランがいたら選出してました。冷凍パンチを切っているのでガブリアス対面で押し負けることもあり、やはり岩石封じと選択かと思いました。あと、環境からフェアリーがいなくなったので、刺さりはよかったと思います。



最高レートは2215
戦績は150戦102勝48敗
基本選出はボーマンダ+マンムー+ローブシンです
フェアリーがいたらボーマンダ+マンムー+ギルガルドorウルガモスと選出することが多かったです
スイクンが環境に多いのにも関わらず、その処理ルートが怪しかったので、そこを改善できたらもう少し勝てたかもしれません...
もう1つ、サブロムで2200を達成したパーティーがありますが、もう少し煮詰める予定なのでまだ記事にはしません。
それでは、シーズン8お疲れ様でした。